ikuzoのゲームソフト 販売でゲームソフトの販売事情を解説!




ブログトップ>カテゴリ:ゲームソフト 販売 >ゲームソフトの販売事情




ゲームソフトの販売事情





SG

2006年度のゲーム業界でもっとも注目すべき点は、「Nintendo DSの躍進である」と振り返った。実際に4月から8月までのゲームソフト販売数トップ10を見ると、PS2の「ワールドサッカー ウイニングイレブン10」以外はすべてDS用のタイトルである。

トップ10のソフトの内、6本は任天堂のソフトで、1本はポケモンのタイトルだからだ。

要するに、約8割は任天堂関連のソフトである。

だが、この状況を打ち破ったのがスクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジーIII(FF3)」である。

発売第一週で50万本を売り上げ、店頭の90%から品物が消えた。任天堂以外のゲームもきちんと売れることを実証した。


なるほど、そういえば、DSが大半を抑えていますね。膨大なお金をつかってゲームを作っても、あのコンパクトで地味めなDSに負けるのが不思議です。o(^-^)o





ゲームソフト 販売 ←関連の記事はこちら



トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 


ご観覧感謝!




























ゲームソフトの販売事情をikuzoが解説しています!