楽天優勝セールをikuzoがこのブログで解説します!楽天優勝セールはおまかせください!



ブログトップ>カテゴリー:楽天優勝セール

楽天優勝セール

楽天優勝セールの情報を新着順に並べています。




楽天優勝セールの過去の記事

楽天優勝セール
November 01, 2013
楽天優勝セール購入のコツはこれ!
楽天日本一の優勝セールどうなるんでしょうね?

いろいろやってみるとコツがわかりました。

テナントさんは、優勝セールとかのためにあらかじめ、優勝セール品をすでにアップして告知しているところが
結構あるということです。もちろん、検索で調べてみるのもいいですけど、



一番、よさそうな方法が、日頃から欲しい、お気に入りの商品名を楽天のトップページに入れて検索してみると、
いいでしょう。

私はある商品を検索してみるとなんと、優勝セール価格がでてきました。商品横には、優勝した場合に限ると
書いていて、カートに入れるがまだ表示されていませんでした。

通常価格が13000円ぐらいなのですが、優勝した場合には9000円になるのです。

つまり、同じ商品名で検索してみたら、同店舗で、同じ商品がアップされていて、優勝したら安くなりますというのがあるわけです。

だから、今何か欲しいものを、検索してみると優勝価格がすでにアップされているかもしれません。


楽天優勝セールでこうなる
楽天の優勝セールについての記事がありましたよ。
。。。。。



<楽天>日本一ならセールは?フィットHV37万、ロレックス11万、ドンペリ3400円…
毎日新聞 2013年11月1日

 V逃しても「ありがとうセール」

 東北楽天ゴールデンイーグルスと読売ジャイアンツが対戦中のプロ野球 「コナミ日本シリーズ2013」は、楽天が3勝2敗と優勝に王手をかけた。

早ければ2日、本拠地のKスタ宮城で球団創設以来初の日本一が決まる。ネットショッピングがメインの楽天はパ・リーグ優勝決定時にも豪華なセールが話題となったが、日本シリーズ制覇となれば、それを上回るフィーバーぶりが予想される。

楽天日本一の優勝セールはどうなるのか。まとめてみた。

【強いぞ!楽天】日本シリーズ:「攻めて攻める」星野野球に巨人は萎縮

 楽天によると、優勝決定の30分後から、ネット上の楽天市場で「史上最大級」と銘打ったセールが始まる。星野仙一監督の背番号77にちなんだ「77%引き」の商品を数量限定で提供。

163万5000円の乗用車「ホンダFITハイブリッド」が37万6050円、日本で1番新しい高級酒「ドンペリ」が1万4999円→3449円(200本)、高級時計ロレックスの腕時計50万8000円→11万6840円(1個)などが目玉になっている。

さらに、最短30分更新の「楽天市場最安値に挑戦アイテム」、「1001円ポッキリアイテム」のタイムセールなど、各種セールスも実施する。

 また、事前に参加申し込みをしたうえで楽天グループを利用して買い物をするとポイントが最大で82倍となるキャンペーンも展開する。



気になる商品がセール品になってるかチェックしてみましょう!↑
April 23, 2013
シニア世代のネット通販、約9割が「楽天市場」利用
そんなに使っているんですね。知りませんでした 
..............................

ゲインとZENは「シニア・ナビリサーチ」の会員を対象に「シニアの消費に関するアンケート調査」を実施した。


 ここ3か月で購入したものをたずねたところ、1位「食品」90.0%、2位「お茶・清涼飲料」69.5%、3位「日用消費物」66.6%となり、トップ3は全て生活必需品であった。

 男女別で見ると、ほとんどの商品が男性よりも女性の方が高い結果に。特に女性は生活必需品と同様に「衣料品」「化粧品」を購入する割合が高い。


 利用するネット通販サイトについては、1位「楽天市場」89.4%、2位「Amazon.co.jp」55.2%、3位「Yahoo!ショッピング」27.0%であった。「楽天市場」の利用率は約9割となり、断トツ首位であった。

 男女別で見ると、「価格.コム」の男性12.9%に対し、女性4.2%と8.7ポイントの差が生じた。「価格.コム」は男性の利用率が高いことが特徴といえる。

 性・年代別では、「ベルーナネット」「セシール」「ニッセン」に女性60代が高い数値を示した。女性60代はファッション通販サイト利用率が高い模様。

 年収別では、1,000万円以上の層は「Amazon.co.jp」「Yahoo!ショッピング」「価格.コム」の利用率が全体に比べ高い結果に。特に「Amazon.co.jp」の利用が高い傾向にある。


 また、1か月で「食品」にかける金額については、全体では「10,000円〜30,000円未満」が最も多く28.8%という結果になった。

 性・年代別で見ると、家庭の台所を預かる主婦層が多い女性50代の消費が最も高く、「30,000円以上(計)」が6割を超えた。

 年収別では、1,000万円以上の層は「30,000円以上(計)」が約6割という結果に。特に「50,000円以上」が3割を超え、他の層よりも圧倒的に高い数値となった。一方、300万円未満の層は「10,000円〜30,000円未満」が4割を超え、他の層よりも10ポイント以上高かった。

http://markezine.jp/article/detail/17049
【調査概要】
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国50代以上の男女
調査時期:2012年9月27〜28日
集計対象数:1,000名




ご観覧感謝!